永岡 真一 さん(和歌山大学プラットホーム部部長)Message 33

27-3nagaokajpg.jpg


  永岡 真一 さん

    Nagaoka Shinichi 

大阪府生まれ。小・中・高は野球少年として過ごし、平成25年4月、小学校教師を志して和歌山大学教育学部へ入学。入学と同時にプラットホーム部に入り、平成26年12月からは部長を務める。同部では「にゃんたっきー」の愛称で、子ども達から親しまれている。

和歌山大学プラットホーム部

 平成元年夏、同大学で授業を担当していた県教育相談センターの教員の呼びかけにより、不登校・登校拒否の子どもを対象にしたキャンプに、7名の学生が指導員として参加したことで始まった学生組織。以来約25年にわたって不登校等の子どもの支援活動に取り組んでいる。設立当初は学生サークルであったが、平成4年には学内文化部連合会に登録され、「文化クラブ」へ昇格。平成27年現在、約80名の部員を擁し、学内有数の規模を誇る文化部となっている。名称には、「社会や環境によって引かれたレールの上を走る電車に乗り続けて力を失った子ども達が、再び自分で描いたレールに沿って走る電車に乗るまでの間、ゆっくりと休める空間」という意味が込められている。通称は「プラホ」。
所在地:〒640-8441 和歌山市栄谷930和歌山大学内
メール:plathomewakayama@yahoo.co.jp
電話:073-424-5449
(登校拒否・ひきこもりの子ども・青年を持つ和歌山県親の会事務局)

―まず、この活動を始めたきっかけを教えてください。

 元々子どもと関わることが大好きで、小学校の教師を目指して和歌山大学に入学しました。プラホに入ったのも、授業だけでなく部活・サークルでも子どもと関わろうと思ったからです。授業では、子ども達への教え方を理論的・体系的に学びますし、大学の附属小学校で実際に行われている授業を通して実践的に学ぶこともあります。また、週2回の個別指導塾でのアルバイトでは、受け持っている子ども達が、勉強を楽しく感じ、成績も上がるようにと指導しています。
 プラホでは、子どもと関わるという点では、学校や塾と同じなのですが、子どもと一緒に楽しみ、子ども自身が元気になってもらうことを最も重視しています。昨年の末からは部長になったので、部組織のマネジメントや、子ども達が安全に過ごせるよう配慮した危機管理等にも、責任を持ってあたっています。

―ふだんの活動は、どんなことをなさっていますか?

 不登校を経験している、あるいは学校に行きづらいと感じている子ども達を対象としたイベントを定期的に企画しています。夏に開催する3泊4日のキャンプがメインイベントですが、その他にも2か月に1回ほど、バーベキューやスポーツ等の1日行事を行っています。平均すると1回につき20~30名の子どもが参加し、その数よりも多い部員が参加します。1人の子どもに、少なくとも1人の部員が関わるペア制にしており、回を重ねるごとに子どもと部員との距離が縮まっていきます。
 イベントの企画や、子ども達の様子について話し合うため、毎週木曜日には部員会議を行っています。人数が多い分、部員にも色んなタイプがいて、それぞれの子どもの興味や特性に合わせてペアを組んでいます。教育学部だけでなく、経済・システム工学・観光の各学部から満遍なく在籍していますし、私自身先輩から大切なことをたくさん教わってきました。今度は、それらを後輩に伝えていく番かな、と思っています。

―最近、特にホットなトピックがあれば教えてください。

 今年度の1年生に、かつては不登校で、プラホのイベントに参加していたという学生が入ってきました。彼は、プラホで大学生と関わりを持つ中で、「和歌山大学に入ってプラホに入る」という目標を見つけ、それを実現したのです。活動にも熱心に取り組んでいて、今は副部長として部長の私を助けてくれています。不登校の子ども達が、彼のように自分自身の道を自分自身の力で切り開けるようにと願い、日々子ども達と関わっています。

―最後に、和歌山の若者たちに一言メッセージをお願いします。

“自分のやりたいことを見つけよう!”
私のやりたいことは、子ども達が楽しく過ごせる環境や、安心できる居場所を作ることです。
今はプラホの活動で、卒業したら小学校の先生として、やりたいことを実現しようと思っています。
自分で描いた自分のためのレール…その先にはきっと明るい未来が待っているはずです!

27-3puraho.jpg

電話相談:073-428-0874(おはなし)

若者サポートステーション
With You わかやま

電話相談:073-428-0874(おはなし)

若者サポートステーション
With You きのかわ

電話相談:0736-32-0874(おはなし)

若者サポートステーション
With You 南紀

電話相談:0739-24-0874(おはなし)

受付時間:月~金曜
10~17時
(祝日、年末・年始等を除く)
電話代、パケット通信料等の通信費は、ご相談者の負担となります。

メール相談

来所相談

若者サポートステーション
With You わかやま

〒640-8033
和歌山市本町2-40
聖‐ソレイユビル4階
アクセスマップはこちら

若者サポートステーション
With You きのかわ

〒648-0073
橋本市市脇1-1-6
JA橋本支店ビル2階
アクセスマップはこちら

若者サポートステーション
With You 南紀

〒646-0028
田辺市高雄1-23-1
市民総合センター北館
アクセスマップはこちら

和歌山県 青少年・男女共同参画課

〒640-8585 和歌山市小松原通1-1

TEL 073-441-2555

e0314001@pref.wakayama.lg.jp

(c)2010 - 2017 With You